本文へ移動

神経内科

神経内科

診療の特徴

当科は、脳梗塞、脳出血、痙攣疾患、髄膜炎などに症状に対して治療を行います。さらにパーキンソン病、パーキンソン病関連疾患、多系統萎縮症、筋ジストロフィー、筋萎縮性側索硬化症、重症筋無力症、多発性硬化症などの難病に対しても、診断から治療、診断書の作成、在宅療養のための介護・福祉サービスの紹介までを専門的・総合的に診療していきます。また、施設入所や急性期病院での入院対応困難な神経難病終末期に対しての長期入院対応も行っています。

診療内容

<主な症状>
当科では次の症状を持たれた方を診療しております。
  • めまい、意識障害、記憶障害、手足がしびれる、動かない、けいれん など

<主な検査>
  • 脳波検査、CT検査、MRI検査 など

<主な疾患(病気)>
  • 認知症(アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、脳血管性認知症など)、脳梗塞、髄膜炎、てんかん、パーキンソン病、進行性核上性麻痺、大脳基底核変性症、多系統萎縮症、筋ジストロフィー、筋萎縮性側索硬化症、重症筋無力症、多発性硬化症など
  • 睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害など

<主な治療、申請>
  • 上記病気に対する内科的治療、CPAP治療
  • 脳神経内科領域での身体障害者の認定、申請

スタッフ紹介

院長
横田 徳継
獨協医大卒、産業医、芳賀郡市医師会理事、
神経難病指定医、認知症サポート医、身体障害者福祉法指定医

 
脳神経内科領域の臨床、研究を行っていた。その後現職。脳神経領域、一般内科、COVID-19に対する治療など幅広い診療を行っている。
椎葉 千恵
獨協医大卒、身体障害者福祉法指定医

 
獨協医科大学で脳神経内科領域の臨床、研究を行っていた。その後現職。脳神経領域、一般内科に対する治療など幅広い診療を行っており、また脳神経内科領域での身体障害者の申請を行うことができる。
松原 健朗(非常勤)
脳神経内科
髙柳 美佳(非常勤)
脳神経内科
渡邉 悠児(非常勤)
脳神経内科
五十嵐 晴紀(非常勤)
脳神経内科
TOPへ戻る