本文へ移動

看護部

医療法人 徳真会 真岡病院
〒321-4305
栃木県真岡市荒町3-45-16
TEL.0285-84-6311
FAX.0285-84-0947

■診療科
・内科
・循環器内科
・神経内科
・消化器科
・泌尿器科
・外科
・透析内科
・腎臓内科
・放射線科
・救急指定医療機関

特定健康診査(メタボリック検診)
受け付けています。

看護部長ご挨拶

専門職業人としてキャリアアップを目指すことを応援します。

 
 当院は「親切、正確、迅速」を就業の心得としています。職員が一丸となって、患者様との心のふれあいを大切にし、地域の皆様にとって支えとなる医療機関を目指しております。
 看護部は「患者さんや地域の人々との関わりを大切にし、安全・安心・優しさの伝えられる看護を目指します」を理念にかかげ、お一人お一人が気持ちよく、入院から退院、在宅に至るまで安全で安心できる療養生活が送れるように努めています。
 特に人工透析施設は37台の最新機器を配置し、患者様の社会生活を考え、夜間の透析を週3回実施しております。願いは疾病を持っていても患者様たちの生活が通常に行われることです。
 当院には併設のわたのみ荘を合わせて130人の看護部職員がおります。職員は目標管理のもとそれぞれの目標に向かい活躍しています。看護職が自信と誇りを持って活躍の場を広げられるように看護部ではサポートしていきます。

看護部長  馬込公子
 
 
 
看護部理念
 患者さんや地域の人々との関わりを大切にし、安全・安心・優しさの伝えられる看護を目指します。
 
 
看護部の基本方針
 1.個々の人権を尊重した看護・介護を実践します。
 2.院内、地域の医療機関、福祉機関との連携を深め、信頼関係を保持し、継続的な看護・介護を提供します。
 3.目標を持って、専門職としての知識、技術、応対の習得に努めます。
 
 
目標管理
 看護部では2015年度(平成27年)から目標管理を導入しています。一人一人の職員が自らの目標を持ち取り組んでいます。そして、目標を実現した時の達成感と新たなチャレンジへと進んでいます。
 
 
教育体制
 課長会、教育委員会が中心となり新人応援研修、新規入職者(中途採用)の教育プログラムを作成しています。習熟度に合わせたプログラムで支援します。

ふれあい看護体験

ふれあい看護地検参加者の声

 令和2年8月1日(土)、栃木県内の高校生を対象にふれあい看護体験を開催しました。コロナウイルスの影響で開催が危ぶまれましたが、無事に開催することができ、およそ20名の高校生がご参加下さいました。

 

          (ベッドメイキングの様子)→

 手洗い、ベッドメイキング、AED、リハビリなどの体験を行いました。
 高校生たちは先輩看護師の説明を真剣な眼差しで聞いて、そして実演をしました。
 
←(AED(自動体外式除細動器)の様子)
 
 参加した高校生からは、患者さんが看護師さんに言葉では上手く伝えられなくても、手で「ありがとう」と感謝の気持ちを表している姿にとても心が温かくなりました。より一層看護師になりたいという気持ちが大きくなりました。などの感想がありました。
 
                (リハビリ体験の様子)→
TOPへ戻る